マッサージ

椎間板ヘルニアの痛みを予防するには

肩のマッサージ

椎間板ヘルニアという病気になると、腰痛が現れます。安静にしていると腰に負担がかからないため、痛みが軽減することもありますが、動くと痛みが出るのが特徴です。しかし、皆さん仕事もありますし、なかなか安静にしているのは難しいですよね。
そんな時には、痛みが出るのを予防しながら生活をすることが大切です。その予防のために大切なことは、コルセットを装着すること。コルセットというのは、腰をしっかりと固定してくれるものです。またコルセットの中にはばねが入っているので、腰を伸ばしておく姿勢が楽なのです。
椎間板ヘルニアになると、基本的にコルセットを作成することを推奨されます。市販でも販売していますが、おすすめなのは病院で自分の体形に合ったものを作成すること。そうすれば、日常生活でかかる腰への負担を軽減することだけでなく、椎間板ヘルニアの悪化を防ぐことも可能になります。
椎間板ヘルニアになった当初には痛みを伴います。そのため痛み止めなどを使用することが多いです。痛み止めと並行してコルセットを使用していくと、徐々に椎間板ヘルニアの痛みをコントロールすることができます。また徐々にヘルニアの部分の腫れが引いていくので、痛みも軽減していくことが期待できます。

記事リスト