マッサージ

ヘルニアになりやすい人の特徴とは

ガッツポーズ

ヘルニアの多くは椎間板ヘルニアとなりますが、これが生じやすいタイプの人がいます。
椎間板ヘルニアでは、背骨における椎間板と呼ばれる部位が飛び出すことによって、背骨周辺の組織や神経を刺激することで、強い痛みや痺れなどが生じます。

基本的に、背骨に負担がかかっている状態において生じやすいと言えます。

デスクワークの多い人は、座り姿勢によって椎間板が常に圧迫されてます。楽なようでも、体重の多くが背骨や骨盤にかかっていますので要注意です。

肥満体型の人は体のバランスをとるため自然と腰の骨が後ろに反りがちです。すると背中側の椎間板が圧迫されるので、椎間板の中身の髄核が飛び出してヘルニアを生じやすくなります。同様にお腹が大きくなる妊婦も注意が必要です。

また、腰や背中に大きな負担がかかる、重い物を持ち上げることの多い仕事でもヘルニアは生じやすくなります。倉庫作業や配達業の人は多くなりますし、重量挙げなどをしている人の中でもヘルニアは多く見られます。

また、女性の場合はかかとの高いハイヒールが腰に大きな負担をかけ、その結果腰が反り返って椎間板に負担をかけ、ヘルニアを生じます。

上記に該当する特徴がある人は、ヘルニアを生じやすいと言えますので特に注意が必要です。

記事リスト