マッサージ

椎間板ヘルニアの治療法について

腰のマッサージ

腰やおしり、足などに痛みが生じることが多い椎間板ヘルニア。
ヘルニアになっている部位によって症状が出る場所が異なる椎間板ヘルニアですが、
神経が集まる脊椎で起こる症状のため、迂闊な治療が出来ないという特徴があります。
では、椎間板ヘルニアを治療するにはどのような方法が必要なのでしょうか?

椎間板ヘルニアを治療するには、2つの方法があります。
それは「保存療法」と「手術療法」です。
保存療法とは注射などで痛みを低減し、自然治癒を待つという方法となっています。
「ヘルニアは自然治癒するの?」と疑問に思うかもしれませんが、実は多くの方の椎間板ヘルニアが自然治癒しています。
飛び出した椎間板が収縮したり、いつの間にか元に戻っていたりすることが多いのだそうです。
そのため痛みの原因となっている炎症を抑えるなどの治療法が保存療法となっています。
また手術療法は、今すぐにでも違和感や痺れ、痛みを治したいと考える方にオススメの方法です。
自然治癒するか分からないなら手術で治したいと思う方も少なくないでしょう。
しかし基本的には運動機能の麻痺や排便などが困難になるなど、生活を脅かす状態になった場合に手術を行うことがほとんどです。
その場合は背中を切開し、原因となっているヘルニア部分の切除を行う方法です。
この手術療法は基本的には体への負担も大きいため注意が必要となります。

記事リスト